株とは、もともとヨーロッパの諸国が海外に進出した17世紀ごろの時代に、東インド会社が始めたことが一番最初だったとされています。東インド会社は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この17世紀というのは大航海時代ともいわれているのですが、この大航海時代は、外国と貿易が盛んに行われていたために、お金が多額に必要だったといわれていますから、貿易をするためには、お金がかなり必要ではなかったでしょうか。多くの人から出資してもらって、出資してもらった証明書として、株の証券を渡していました。
今の株式会社も同じで、会社を運営するという場合には、資金を集めて、そして株式証券は今はもう発行していないのですが、株の電子証券を発行することで実際にお金を募って会社を運営しているのです。株は簡単に言ってしまえば、出資してくれる人から、会社を経営するためのお金を集めることになります。お金を集めてそのお金を会社の運営資金にさせてもらい、会社がうまくいけば、また出資してくれる人に対してお礼として配当金を渡すという仕組みです。
株に出資するという人は、会社に投資するという形です。そんなに大げさなことでもなく今は、主婦や学生でも、株の投資をして、会社の経営に参加しているという人もいますから、それほど難しく考える必要はなく、手軽に始められる投資です。株はインターネットを使うことで、より身近に手軽にできるようになったというのも特徴の一つですね。
posted by 株本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) |