日経

日経株という言葉を株の取引をしていると必ず聞いたことがあると感じます。


株初心者は日経株がどのような意味なのかわからないという人もいるかもしれませんね。


日経株というのは、日本の株式市場での株価を表している指数の一つとして考えるといいと感じますが、日経平均株価と呼んでいたりします。


その株の銘柄に指定されている株のことをいうのです。


東証一部上場している企業の225の中から株を選んでその株価の単純に平均するといくらなのかということを日本経済新聞が計算をして発表しますから日経株価という呼ばれ方をしているのであるのです。


日経株は、そのた日経225先物取引という言葉でつかわれていることもよくあるのです。


株取引をしている人は毎日日経株価を必ずチェックしなければいけません。


今日本には数多くの株が存在しているのに、なぜ225の銘柄の平均をとるのかと思っている人もたくさん存在すると感じますが、今の株価を知るためには、この数が大変便利で、今日はどのような株を買った方がいいのか、今日はどの株を売った方がいいのかということを、日経株では教えてくれますから大変重要な情報ということになります。


しかしながら必ず日経平均が正しいということではありませんから単純に計算した時の平均ということを忘れては駄目です。


たとえば株で発行枚数がそんなに存在しないのに値段が高ければその銘柄だけに平均の数値が左右されることもあるのですから、あくまでも平均ということで日経株を見ておくくらいにするのがいいと感じます。

posted by 株本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日経
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27067639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック